茶クマをきれいに消したい方に、おすすめのアイクリームをご紹介しています。茶クマができる原因を追及し、それを改善するために必要な成分は何なのかを究明し、さらにその成分が配合されているものを厳選しました。刺激を受けやすい目元にダメージを与えないように低刺激のものを選定しましたので、安心してお使いいただけます。

茶クマに効くアイクリームを選ぶときの注意事項

3つのポイントに注目してみましょう
黒くなったメラニンを白くしてくれるもの
茶クマは紫外線や摩擦などの外的刺激によって、メラニンが蓄積されることによってできます。つまり、茶クマを消すためにはメラニンを白くするケアが必須となります。ですから、メラニン美白作用のある成分が配合されているものを選びましょう。
肌バリアを高めてくれるもの
茶クマができるということは、肌バリア機能が低下して外的刺激を受けやすくなっているということです。ですから、外的刺激を軽減できるように肌バリアを高めるケアが必要となります。バリア機能を高める成分が配合されているものを選びましょう。
炎症をケアしてくれるもの
メラニンが作られるということは、外的刺激によって炎症を起こしている状態でもあります。炎症を起こすとメラニンが作られやすくなってしまうので、素早く炎症を抑えるケアが必要となります。ですから、抗炎症成分が配合されているかをチェックしましょう。

茶クマに効くアイクリームランキング

サエル
茶クマの元となっている蓄積したメラニンを白くしてくれる「ハイスピード・メラノリターン処方」を採用した化粧品。メラニンを白くすることで、茶クマを目立たなくしてくれます。また、肌バリア機能を向上させる「ヒト型ナノセラミド」を配合しているので茶クマになりにくい目元へ導くことができます。メラニンが作られる原因となる炎症を抑える成分も配合されているので、茶クマ呼ぼうにも期待が持てます。
メラニン美白:◎ バリア機能向上:◎ 炎症ケア:◎
アンプルール
メラニンを白くしてくれる「新安定型ハイドロキノン」を配合した化粧品。茶クマの原因となっているメラニンを徹底的に美白することができます。また、外的刺激から肌を守ってくれる「α-リポ酸」や「TRX」を配合しているので、外的刺激によってメラニンが作られるのを防ぐことができます。
メラニン美白:◎ バリア機能向上:○ 炎症ケア:○
アスタリフトホワイト
2種類の美白有効成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」を配合することによって、メラニンをしっかりと美白することができる化粧品です。フジフイルム独自の「ナノユニット技術」を採用しているので、浸透力に優れているところがポイントです。コラーゲンを配合しているので、高い保湿効果も期待できます。
メラニン美白:○ バリア機能向上:○ 炎症ケア:○
ビーグレン
メラニンを薄くする働きのある「ハイドロキノン」を高濃度で配合した化粧品です。刺激の強いハイドロキノンを低刺激化する独自の技術を採用しているので、刺激を受けやすい目元にも安心して使うことができます。国際特許取得の浸透テクノロジーにより浸透性を高めているところも魅力となっています。
メラニン美白:◎ バリア機能向上:△ 炎症ケア:△
デルメッド
メラニンの生成を抑える美白成分「コウジ酸」を配合した化粧品。メラニンの生成を抑え、細胞の黒色化を防ぐことによって、茶クマができるのを回避することができます。無香料・無着色・パラベンフリーで肌に優しいところもポイントとなっています。
メラニン美白:○ バリア機能向上:○ 炎症ケア:△

最も実感力に優れた茶クマに効くアイクリームは?

茶クマをきれいにしたいなら「サエル」がおすすめです!
メラニンを白くする美白成分を配合
⇒ 黒くなったメラニンを白くしてくれる「ハイスピード・メラノリターン処方」を採用しているので、茶クマの原因となっている蓄積したメラニンを白くして目立たなくしてくれます。なかなか茶クマが消えない方に最適です。
肌バリアを向上させて茶クマを予防できる
⇒ 肌バリア機能を向上させる「ヒト型ナノセラミド」が配合されているので、茶クマの原因となる外的刺激を軽減させることができます。結果として茶クマができにくい肌へ導くことができるので、茶クマ予防になります。
素早く炎症を抑えることができる
⇒ メラニンを作らせる原因となる炎症を素早く抑えるために、「コウキエキス」と「グリチルリチン酸2K」が配合されています。抗炎症成分がたっぷりと配合されているので、炎症を抑えてメラニンの生成を抑えることができます。

目元に負担をかけずに茶クマをきれいにできるのはハイスピード・メラノリターン処方採用の「サエル」だけ!